ソリューション

ビジネス課題の可視化・改善に役立つサービス

「ビジネスコミュニケーションフロー診断」とは

1

お客様の課題

お客様の課題

全体を俯瞰して見る事ができないため、全体最適化へと発展しない

2

解決策

ビジネスコミュニケーションフロー診断が解決します。

ビジネスコミュニケーションフロー(以下、BCF)とは

デジタルとアナログを含めた企業と消費者のコミュニケーション全体を可視化するマーケティング手法です。

なぜBCFが有効なのか

企業の検討テーマとしてよく言われるデジタルとアナログの融合の中心は消費者であり、企業と消費者のコミュニケーションが重要なポイントとなります。企業の課題やニーズは、このコミュニケーションフローから見えてくることが多いからです。

BCF診断サービスを行うメリット

企業と消費者の関係性、全体像が分かる

企業と消費者の接点でどんな情報を与えたら消費者は何を考え、どう行動するのか?その時顧客データや処理はどう動くのか? といった企業と消費者の関係性や全体像が分かります。

結果(購入)に至るまでの課題が明確に

デジタル、リアルを含めたあらゆる企業と消費者の接点において、その必要機能や現状パフォーマンスを可視化し、結果(購入)に至るまでの過程における課題点が明確になります。

消費者行動に伴う企業側の作業やデータの流れを可視化

コミュニケーションフローでお客様の行動が把握できるため、それに対する企業側の作業も可視化できます。これによりお客様への対応ロスや滞留状況など、全体の流れを損なう課題点を見つけることができます。
BCF診断サービスを行うメリット

【コミュニケーションフロー検証用シート】

3

サービスの特長

特長 1
従来の一部門からの視点ではなく、全社規模へ視点を広げビジネスを可視化
従来の一部門からの視点ではなく、全社規模へ視点を広げビジネスを可視化

例えばカスタマーサポートは、企業のビジネス全体の中でも重要なパートです。この全体像を理解するためには、この領域に関わる全ての導線を意識する必要があります。

コミュニケーションの中心にいるB2Cならばコンシューマー、B2Bならば購買担当者をベースに全体を可視化することで、本来あるべき理想モデルや現状の課題を見出すことができるようになるのです。

特長 2
さまざまな資料を活用することで消費者の実態(本音)と課題を整理した上でフローを作成
さまざまな資料を活用することで消費者の実態(本音)と課題を整理した上でフローを作成

単なる企画書の添付資料レベルであれば、企業Webサイトだけを検証してもそこそこのコミュニケーションイメージを描き出すことは可能です。

しかし、「Web以外の担当部署」が作っているメディアも含めて総合的にイメージしなければ企業とお客様の実態は見えてきません。 またカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を向上させるためには、お客様が満足できるスムースな作業や情報処理、明確な導線の呈示が必要不可欠となり、これにはWebという接点のユーザビリティだけでは実現が困難です。

接点(メディア)そのものを改善するだけでなく、接点同士のリレーションを円滑にすることで全体最適化へとつながり、はじめて円滑なビジネスコミュニケーションを構築できるのです。

入力はかんたん!1分で完了できます

まずは資料請求

CONTACT

03-5166-1850

受付時間:9:30~18:00(土・日・祝日は除く)