ソリューション

最適なタイミングで、最適なメッセージを、最適なお客様へ

1

お客様の課題

お客様の課題

お客様一人ひとりに合わせた最適なメッセージを送りたい。

2

解決策

Probanceが解決します。

Probanceとは

マーケティング業務における、顧客一人ひとりに対する最適なキャンペーンの選定・運用・管理を自動で実行するSaaS型マーケティングオートメーションプラットフォームです。

Probanceが選ばれる理由

製品内部に機械学習機能を標準搭載しています。独自に構築された数学的な予測モデルを用いて、顧客一人ひとりの行動履歴や過去の施策の反応等を学習し、グループ単位ではなく、一人ひとりの行動に合わせたパーソナライズ施策を、全自動で実施することができます。

Probanceを導入するメリット
取引データや行動データといった膨大で多様なデータを取り扱えます。
機械学習アルゴリズムによる個客の趣味・嗜好に基づいたレコメンドが行えます。
見込みが高い顧客への過度なコンタクトを抑制できます。
eMplex × Probance による相乗効果

最適なメッセージを顧客へ配信するには、各システムに散在する顧客情報を統合管理する必要があります。
統合顧客基盤eMplexで顧客情報を一元管理し、施策の打ち手はProbanceで。eMplexとProbanceを組み合わせることで、管理と施策を分離でき、顧客一人ひとりに対する多彩なメッセージを効率的に配信することができます。

3

Probanceの特長

特長 1
機械学習による「顧客の興味・行動予測」機能搭載

ProbanceのAI[機械学習]は、取得・統合された膨大な顧客データから、顧客一人ひとりの「来店(アクセス)しやすい曜日・時間帯」「興味のある商品カテゴリ」「反応しやすいコミュニケーション手段」などを予測し、的確なコミュニケーションプランを立案します。顧客一人ひとりの興味・行動予測にもとづく心地よいコミュニケーション(Predictive Communication)が、パーソナライズコミュニケーションを実現します。

機械学習による「顧客の興味・行動予測」機能搭載
特長 2
デジタル・リアルを融合した「オムニチャネルコミュニケーション」に対応

Probanceはメールを中心に、SMS、LINE、アプリプッシュ通知によるメッセージングや、バリアブルDM、コールセンター、外部メール配信ソリューションなど複数のチャネルに連携することが可能です。顧客の反応に応じてコミュニケーション手段を切り替えるオムニチャネルコミュニケーションに対応しています。

デジタル・リアルを融合した「オムニチャネルコミュニケーション」に対応
特長 3
同一顧客への過度なコンタクトを抑制する「プレッシャーコントロール」機能搭載

Probanceは同一顧客への過剰なコミュニケーションを回避する(あるいはプライオリティの高いメッセージを優先する)プレッシャーコントロール機能を搭載しています。膨大な顧客を対象に多数のコミュニケーションシナリオを自動実行させても、顧客に大量のメッセージが届いてしまうことはなく、心地よい関係性をつくりあげることができます。

同一顧客への過度なコンタクトを抑制する「プレッシャーコントロール」機能搭載

入力はかんたん!1分で完了できます

まずは資料請求

CONTACT

03-5166-1850

受付時間:9:30~18:00(土・日・祝日は除く)